エコチル調査とは ご挨拶 育児健康相談について Q&A お問い合わせ
 HOME   TOPICS 全体

メルマガ ほっとひと息 「夏の読書感想」

 こんにちは。暑い日が続いていますが、お変わりないでしょうか。

 私はようやく子どもの夏休みが終わり、昼食の心配から解放され、ほっとしています。

 中学生の息子の学校では、朝読書の時間があります。普段は家にある本や図書館の本を、適当に持っていくようです。ある時、彼の本棚に、中高生に読んで欲しい一冊としてベストセラーになっている本を、こっそりと置いたのですが、それを最近ようやく読んだようでした。読後に何か思うところがあったのか「お母さん、コレ読んだ?いい本やったよ。」と貸してくれたので、「お母さんが本棚に置いた本なんやけどな・・・。」と思いつつも、「ありがとう。」と受け取りました。

 私は昔、子どもが生まれて大きくなったら同じ本を読んで「ここが面白かった」とか、感想を言い合える親子って素敵だなぁと憧れていたのですが、我が子はそんなに本が好きでもなく、今や思春期真っ只中。コレは無理そうだと残念な気持ちでいた分、ほんの少しだけですが彼に夢を叶えてもらったようで、嬉しくなった瞬間でした。

 「しっかりしてよ~!」と言いたくなるエピソードばかりの息子なので、私は心配と小言ばかりになりがちですが、彼が時々くれる小さな幸せを感じながら、親子で少しずつでも成長していけたらいいなと思う今日この頃です。

(エコチル京都UC/スタッフ E・M) 

20180903配信