エコチル調査とは ご挨拶 育児健康相談について Q&A お問い合わせ
 HOME   TOPICS 全体

木津川エコチルカフェ「赤ちゃんと遊ぼう!」

4月18日に、木津川で第3回目のエコチルカフェを開催しました。

小西行郎先生(同志社大学赤ちゃん学研究センター長)のお話のテーマは「赤ちゃんと遊ぼう!」。

たくさんあるおもちゃの中から、先生は無造作にシンプルな積み木をひとつ手に取り、そばにいる赤ちゃんに渡す、もらう、隠す、とりあげる、隠す、とりあげる・・(ほとんど渡してあげない・・)赤ちゃんと向き合って実に楽しげに、ちょっとイジワルする先生。

赤ちゃんは先生の顔と手元を交互に見つめながら、泣かずに飽きずにこのやりとりを楽しんでいます。

知育玩具と呼ばれるおもちゃを与えて「よくできたね~」とただ声をかけるのではなく、少しの時間と、気持ちに余裕さえあれば、たった一個の積み木がきっかけとなって、お互いの気持ちを探りあうコミュニケーションとなり、そんなやりとりこそが赤ちゃんとの遊びには大切であることを教えていただきました。  

 

さて、3回目を終えたエコチルカフェですが、ご参加くださった皆さまに、赤ちゃんの写真入りカレンダーをその場で作ってお渡ししています。

エコチルカフェが近づくと、スタッフAさんの次女、ゆうちゃん(大学生)が、エコチルママさんたちに気に入ってもらえるように、熱心にカレンダーのデザインを作成してくれます。そして当日は一眼レフでカメラマンもこなし、プリントアウトまで。 

Aさんはこの時ばかりはゆうちゃんの助手として娘の指示に従っていて、こんな孝行娘を持たない私には何とも羨ましい光景です。

ゆうちゃん、いつもありがとう!たい焼き一個のお礼でごめんね(^_^;)

皆さま、子どもってあっという間に、親も周りの人々も幸せにできる存在に成長してくれます。  

calendar-300x217  

 

次回のエコチルカフェは、6月22日(土)に学研都市病院小児科の先生のお話を予定しています。

一度にお集まりいただける人数が限られますので、赤ちゃんの月齢に応じて、同じ企画を順次ご案内していきます。

もし案内が届かなくても多少の人数調整は可能ですので、詳細についてお気軽に同志社大学赤ちゃん学研究センター(0774-65-6066、平日10時~17時)までお問い合わせください。

京都、長浜地区の皆さまもご遠方ですが、一度遊びにいらしてくださいね。ちなみに会場から奈良公園まで車で20分ほど・・観光のついでにでも・・お待ちしています。

(かのほう 20130514)